メニューを飛ばして本文へ

施工事例

樹木を元気にする

何事も基礎が大事

樹木の定期サービスのお客様で、昨年辺りから生垣のサザンカがすす病で枯れが進行してお困りでした。

すす病は害虫が原因なのですが、それだけの吸汁性害虫が発生すると言う事は樹木が弱っているサインでもあります。
そこで試しに掘ってみると、表土は軟らかいのですが、ちょうど根を張る辺りの深さは粘土質で石が多かったのです。
これでは根が呼吸しづらかったですね。

エアレーションパイプで土中へ新鮮な酸素を送り、土壌改良で有用微生物を補充し、より肥料を蓄えやすい土壌にしました。
何事も基礎が大事ですね。

作業日 2019年1月22日 〜 2019年1月22日
営業エリア 郡山市西ノ内
サービス内容 樹木エアレーション・土壌改良

担当スタッフ:糠澤