メニューを飛ばして本文へ

サービス

松くい虫予防

大切松の木が、ある日突然
赤くなる前に!

松くい虫の予防のため薬剤を松の木に注入する作業

近くで赤く変色し、枯れた松を見かけたことはありませんか?これは「松くい虫」の被害を受けた松がしおれて枯れる症状です。感染してしまうと治療が難しいため、事前の予防が大切です。
松くい虫の正体は、マツノザイセンチュウという寄生虫の一種です。松に寄生すると導管(水が通る管)に障害を起こし、やがて松を枯らしてしまいます。マツノザイセンチュウはマツノマダラカミキリという昆虫の体内に寄生し、松から松へと飛来して移るので、事前の予防が重要になります。近くに被害があった松があれば、健康な松への感染を防ぐため、迅速な予防措置が求められます。